CONCEPT

その日、あなたは
どんな気持ちで目覚めるのだろう?
結婚式の朝。幸せの朝。
そして同時に
さまざまな思いが、感情が、胸に灯る朝。

きっとあなたは、思いを馳せるのではないだろうか。
花嫁のあなたが、バージンロードをともに歩むお父様。
その人ほど、あなたを守ろうとした人はいない、ということに。
あなたのベールを下げてくれるお母様。
その人ほど、あなたに温もりをくれた人はいない、ということに。
あなたが祭壇で誓いを交わす新郎様。
その人ほど、あなたに優しい微笑みをくれる人はいない、ということに。
あなたを祝福するために集まった皆様。
その人たちほど、あなたの友であろうとする人たちはいない、ということに。

きっとあなたは、思いを馳せるのではないだろうか。
花嫁のあなたが、バージンロードをともに歩むお父様。
その人ほど
あなたを守ろうとした人はいない、ということに。
あなたのベールを下げてくれるお母様。
その人ほど
あなたに温もりをくれた人はいない、ということに。
あなたが祭壇で誓いを交わす新郎様。
その人ほど
あなたに優しい微笑みをくれる人はいない
ということに。
あなたを祝福するために集まった皆様。
その人たちほど
あなたの友であろうとする人たちはいない
ということに。

だから私たちは、胸に刻み込まなければならないと思う。
あなたにとって、かけがえのない⼤切な人。
そのすべての人たちに
今までで一番の「ありがとう」を伝えるために。
結婚式は、そのためにこそ、あるんだということを。

だから私たちは
胸に刻み込まなければならないと思う。
あなたにとって、かけがえのない⼤切な人。
そのすべての人たちに
今までで一番の「ありがとう」を伝えるために。
結婚式は、そのためにこそ、あるんだということを。

あなたの、⼼からの「ありがとう」。
それは⾔葉であっても、なくてもいい。
ここ、葵に流れる、ゆったりと心を洗う時が
きっとあなたに自分らしい表現をさせてくれるから。
そして、私たちは誠をもって、
本当のサービスをもって、支えていきたい。
すべての⼤切な人と、
真摯に思いを交わそうとするあなたを。

結婚式の朝。
⽣涯、たった⼀度の、⼤切な⼀日がはじまる朝。
この⽇の思い出が。伝えあった感謝が。祝福が。
⽣涯、その胸を温めるように。
流れ去り、泡のように消えてしまう時ではなく
すべての人の心に、永遠に灯る時であるように。
葵で、永遠(トワ)に灯る⼀日を。